×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

平面上のベクトル
Point1 基礎事項
有効線分とベクトル

有効線分AB 始点Aから終点Bに向かう向きを指定した線分
ベクトル 向きと大きさだけで定まる量
       は有効線分ABの表すベクトル
  ベクトルの大きさ
単位ベクトル 大きさが1であるベクトル
ベクトルの相当   の向きが同じで大きさが等しい。

ベクトルの加法、減法、実数倍

@ 和                  A 差
  

B 逆ベクトル −

C 零ベクトル   向きは考えない

D 実数倍

k = 2のとき
2
は同じ向き2倍にしたもの
k = -3のとき
-3
は逆向きに|k| = |-3| = 3倍したもの。

「ベクトルの実数倍は、
 k>0のとき同じ向きに、
 k<0のとき逆向き
何倍かする。

ベクトルの演算法則
(a+b)+c = a+(b+c)
a+b = b+a
x・(y・a) = y・(x・a)
x・(a+b) = x・a+x・b

Point2 例題
 次のベクトルをいえ(図のはきにしない)。
(1) ABベクトルと等しいベクトル
(2) EFベクトルの逆ベクトルと等しいベクトル
(3) ACベクトルと等しいベクトル
(4) ADベクトルと大きさが等しいベクトル
Point3 解答
(1) EDベクトル   (2) BCベクトル   (3) FDベクトル
(4) FCベクトル、DAベクトル、CFベクトル

Page Top



br→
main_box