×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

分詞構文
分詞構文ってなに?
 基本的には「分詞が接続詞と動詞を兼ねた働きをする構文」です。 主に書き言葉として使われ、文脈上様々な意味を持ちます。

分詞構文の用法
<理由> 「〜なので」を表す場合
Being big, the mall has all kinds of stores.
 →As[Since/Because] it is big, the mall has all kinds of stores.
(そのモールは大きいので、あらゆる種類の店が入っている。)

 現在分詞 Being 1語で、接続詞・主語・動詞の役目を兼ねている。

<時> 「〜する時に、〜している間に、〜した後で」
Walking along the street, I came across Andy.
 →When[While] I was walking along the street, I came across Andy.
(通りを歩いていたら、アンディにばったり会った。)

Finishing writing the report, I went out for a walk.
 →After I finished writing the report, I went out for a walk.
(レポートを書き終えて、散歩に出かけた。)

<同時[付帯状況]> 「〜しながら」
The tornado hit the area, causing heavy damage to the crops.
 →The tornado hit the area, and caused heavy damage to the crops.
(竜巻がその地域を襲い、作物に大きな被害を与えた。)

 <同時[付帯状況]>を表す分詞構文は接続詞を使って書き換えられない場合が多い。また、次のようにwithに導かれることがある。

The old man was fast asleep, folding his arms.
 =The old man was fast asleep with his arms folded.
(その老人は腕組みをして、ぐっすり寝ていた。)

<条件> 「(もし)〜ならば、〜すれば」
Turning left, you'll see the City Hall.
 →If you turn left, you'll see the City Hall.
(左に曲がると、市役所が見えます。)

否定の分詞構文
 分詞構文を否定するには、NotまたはNeverを分詞の前に置く。
Not knowing what to do, he asked his teacher for advice.
 →As he did not know what to do, he asked his teacher for advice.
(どうしていいかわからなかったので、彼は先生にアドバイスを求めた。)

分詞構文の時制
 分詞構文が主節よりも前の時を表す場合は、「Having+過去分詞」で始める。
Having finished lunch, she took her dog for a walk.
 →After she had finished lunch, she took her dog for a walk.
(お昼を終えて、彼女は犬を散歩に連れて行った。)

 なお、この分詞構文の否定形は、notの場合「Not+having+過去分詞」の語順になるが、neverはhavingの前後いずれにも置ける。

 Never having seen her[Having never seen her] for a long time, I didn't recognize her.
(長い間彼女に全く会っていなかったので、彼女の顔がわからなかった。)

受動態の分詞構文
 受動態の分詞構文は、「Being+過去分詞」が基本形だが、たいていはBeingが省略されて、過去分詞から始まる。
BeingSeen from the sky, the bridge appears more beautiful.
 →If it is seen from the sky, the bridge appears more beautiful.
(空から見れば、その橋はもっと美しく見える。)

Having beenWritten in haste, the letter has a lot of misspellings.
 →As it was written in haste, the letter has a lot of misspellings.
(急いで書かれたので、その手紙にはミススペリングが沢山ある。)

分詞構文の慣用表現
Frankly speaking   「率直に言うと」

Strictly speaking   「厳密に言うと」

Generally speaking   「一般的に言えば」

Judging from ...   「…から判断すると」

Talking of ...   「…と言えば」

Considering ...   「…の割には」

Assuming ...   「…とすれば」

Page Top



br→
main_box